• Top
  • 個人様に贈る
  • 法人様に贈る
  • お悔やみの花
  • アイテムで選ぶ
  • TOP>
  • お花について

お花について

FOR FLOWERS ITEM

お見舞いのお花

見舞いのお花はご家族の方にご様子を伺ってからにしましょう。病人が毎日花瓶を洗ったり水をとりかえるのは実はかなり大変です。忙しい看護婦さんにお願いするのも申し訳なくてできません。毎日、家族や友人が来てくれれば良いのですが、現実的考えると難しいことです。お花を贈るのは退院後、自宅療養中にアレンジメントを贈るのがオススメです。また、カスミソウや一部のユリのように香の強いお花は体調によっては不快になることもあるので、脳を刺激して睡眠を妨げます。大部屋の場合は特に気をつけた方が良いです。人によっては嫌がられるお花があります。鉢物は「ねつく」といって「寝つく」に通じる、シクラメンは「死苦」に通じるなどがあります。
お見舞いのお花 画像

哀しみのお花

亡くなった方の霊を慰めるために霊前に供える花のことを供花(くげ)といいます。お友達のお母様など個人的に差し上げる場合は小さなものでも十分気持ちは伝わります。(大きいとかえって気を遣わせる場合もあります。)しかし、お世話になった方など、フォーマルな場合は5000円~10000円くらいのものをご用意しましょう。
あまり小さすぎると「あなたは私にとってこの程度の人だった。」という贈ったのに悪いイメージになってしまいます。
家族が亡くなってすぐの時は花を飾る余裕など全くなく、哀しみの中であれもこれもとやらなければならないことがたくさんあるように思います。そんな時は花束よりもすぐに飾っていただけるアレンジメントをオススメします。置きたい場所への移動がすぐにできますので、お花を扱いなれない方でも安心です。
哀しみのお花 画像
哀しみのお花 画像2
供花は告別式が終わってから初七日までに贈るのが一般的です。突然の訃報は誰も予期せぬことです。花輪やスタンド花と違って、通夜や告別式に間に合わせると「お花屋さんにお花を頼んで亡くなるのを待っていた。」というイメージに なります。(また、亡くなってから通夜、告別式までは打ち合わせやご準備などでお忙しいということもあります。)
告別式 が終わって皆さんが帰られ、2、3日経って淋しさがこみ上げてきた時、お花が届くようにすると慰められることでしょう。
哀しみのお花 画像3
49日、一周忌、三回忌など節目、節目のメモリアルは命日にあわせて贈ることもよくあります。たいてい命日に一番近い週末 にご親族をお招きして法要などをされますので、週末をすぎてから命日までの間にお届けするのが一般的です。
トゲのあるバラはタブーとされていますが、最近は入れても差し支えない風潮もあります。また、 故人が好きだったということでご希望される方もいらっします。ただ、バラだけの花束というのは避けたほうが無難です。
哀しみのお花 画像3
お悔やみは亡くなってすぐの場合、一周忌以降の法要等、それぞれ贈るお花が違いますので、ただ「お悔やみのお花」だけではなく、「何のため」のお花なのかをきちんと調べてから選びましょう。
また、アレンジメントにしましても水がこぼれやすかったり、形が変形しやすいものは手間がかかるので避けましょう。 ※葬儀の際に、祭壇に飾るお花はすべて葬儀社が取り仕切っております。斎場へお届けしても受付けていただけなかったり、ご親族が持込み料を払わなければならない場合があります。祭壇に飾るものは血縁の濃い方、社会的地位の高い方のみ、葬儀の前にご親族に「お花代」としてお金を差し上げます。

楽屋見舞い

コンサートや舞台へご出演される方に贈られるときはアレンジメントが最適です。
華やかな花束を贈りたいという人も多いですが、会場にお花が届いてからその方が帰宅されるまでにかなりの時間があるからです。 お持ち帰りの際に手の暖かさやラッピングですれて花が傷む原因にもなります。( 人間の体温は35°Cから37°Cです。お花にとってはヤケドをしている状態です。)持ち手の付いた籠に入ったアレンジでしたら移動も楽です。
花束はそのまますぐには飾れません。水揚げをしなければ、水落ちといってしおれてしまいます。ほとんどの花束はその日のうちに枯れてしまいます。(*水揚げとは大きなバケツなどにたっぷりと水を張り、水中で茎を切り、そのまま水につけて花に水を吸わせることをいいます。) 長く続く公演であれば、初日にアレンジメントを贈るようにしましょう。
楽屋見舞い 画像

日柄について

挨拶などでよく「本日はお日柄も良く」などと言いますね。 この日柄ってなんでしょう。カレンダーに小さく大安、仏滅、先勝 ..... と書かれています。あれのことです。 これは六曜と言って中国が発祥とされていますが、確かではないとのこと。旧暦元旦から順番に六種の星を並べていったものと言われています。迷信と言われておりますが、ご年配の方や企業様は気になさることが多いので、ご参考にしていただければと思います。
日柄について 画像
大安
一日中大吉の日。何事にも吉で失敗することがなく、結婚、旅行など万事に良いとされています。
会社の設立日、開店、新商品の発売などに選ばれます。
先勝
何事も急ぐことが良いとされ、午前中は吉、午後は凶とされています。急用、訴訟、公事沙汰に適していると言われています。選挙の投票日も先勝の日曜日が選ばれることが多いです。
友引
「友を引く」ことから慶事には歓迎されますが、弔辞には避けられます。
先負
勝負事や急な用事は避け、控え目にしているのが良いとされます。昼すぎから日暮れまでは吉とされています。
仏滅
一日中大凶の日。何事もうまく運ばないことから、祝い事やお見舞 いなどはこの日を避けることが多いです。
赤口
正午だけが吉で朝夕は凶とされています。祝い事は正午をはさむようにすればよいとされています。

母の日のお花

母の日にブルー、白のお花でとのご注文をいただき、お送りしたことが、到着日にご注文したお客様のお母様からお電話があり、「母の日にこんな葬式のような花を送って。」とのお叱りをいただいたことがあります。母の日には、赤やピンクの明るい色のお花を贈るようにしましょう。
母の日のお花 画像

花束をもらったらすること

フラワーギフト・花束を宅配業者からうけとられたら、まずすぐに配達用の箱に破損はないかを確認し箱をあけてつぶれていないか、花が折れていないかのチェックをしてください。
万一、配送時の事故で商品に欠陥が生じていた場合でも、時間がたってからでは弊社宅配業者ともに状況確認ができず、クレームをお受けすることができなくなります。
花は生物ですので、まずはすぐに箱を開けて商品を確認してください。翌日手渡しされる場合は、配達用の箱の中にたてたまま、直射日光・氷点下・高温をさけ、風の当たりにくい、冷暗所で保管してください。
花束を横倒しに置きますと圧力がかかり花がつぶれてしまう原因になります。 季節・気温によっては、配送時に花が蒸れてしまったり、乾燥してしまったりすることがあります。
花束をもらったらすること 画像
花束をもらったらすること2
翌日に花束を渡される場合でも受け取り後は、必ず一度箱をあけて花の状態を確認してください。
受け取られた花の水が下がっていた場合は、ラッピング紙を外し、たっぷりのお水につけてください。(水が下がるとは、水切れのため花がしおれてしまいそうにみえる状態です) 飾るときには、ラッピングをはずして下さい。ラッピングが綺麗に見えるので、はずすのがもったいないという人がいますが、本来ラッピングは移動中や、受け渡し時に花を保護する目的のもの で室内で飾っておくものではありません。
ラッピングをつけたままですと花の寿命が短くなりますので、お気をつけ下さい。

お花のお手入れ

植物には命があります。高温、乾燥、直射日光、氷点下を嫌います。女性の方はお肌をイメージしてください。
新鮮な水の入ったサイズのあった花瓶にお飾りください。
必要な水の量は季節や花の種類によっても異なりますが、夏は水が腐りやすい為、少なめの水を頻繁にとりかえて下さい。
お水は人が飲めるくらいに新鮮なものが理想的です。水が汚れるとバクテリアが発生し、導管がつまり茎から水を吸い上げられず枯れてしまいます。
切り花は、茎から水を吸い上げることで生きています。水につかっている茎の部分を常に清潔にしておくことが、花を長持ちさせるポイントです。
お花のお手入れ 画像

水揚げ方法

植物に、何らかの処置を施すことで吸水力を活性化させ、水を吸い上げやすくすることを水揚げと言います。
水の下がった萎れてしまいそうな植物に対する救命延命措置も水揚げですし、元気な植物に対しても、水を吸い上げやすい健康な状態に保ってあげるための処置も水揚げです。簡単な水揚げ方法をいくつか説明しておきます。
水揚げ方法 画像
切り戻し
■切り戻し
元気な茎の部分から、空気中ですぱっと茎を切ります。空気や異物でつまっていた茎を切り落とし新鮮な切り口にすることで、茎(導管)から水を吸い上げやすくします。
水切り
■水切り
水の中で茎を切ります。
空気中で切るのと違い水中は真空状態ですので、切った時に茎(導管)の中に空気が入らず茎から水がより吸い上げやすくなります。簡単でお勧めです。
逆水
■逆水
切り花の茎(根本部分)を上にもち、花を逆さにむけた状態で上から水をかけます。できるだけ花の部分に水がかからないように注意して下さい。葉が多い、葉の表面積が多い植物は、葉裏から水が蒸散し水分がどんどんなくなってしまうのを防ぐ効果があります。ただし、逆水はしてもよい花と、いけない花があります。 薔薇などは、花弁に水が付いてはいけない逆水をしてはいけない花ですので、お気を付け下さい。

お花の楽しみ方

基本的に当店の花束は、そのままの花束で花瓶に飾って美しいデザインに束ねていますので花束を受け取られた直後は花瓶の大きさにあわせて、花の高さを調整していただくだけで結構です。
そのうち、長持ちする花とそうでない花がでてきます。枯れてしまった花はこまめに抜いて排除して下さい。そうすることで他の残りのお花をより長く美しく咲かせることができます。
束ねられていた花束の形を保持できなくなったら花束をほどいて花を自由にしてあげてください。そのまま同じ花瓶にまとめて飾るのもいいですが、自分の好きなとりあわせで少しずつお部屋ごとに飾り分けてみたり、一輪ざしにしてみたり、コップやお皿に浮かべるのも楽しいですね。
デザインされた花束の持つ表現力はひとつだけですが、花束をほどき、一輪一輪の花の表情をみるとそれぞれにことなる独立した表現力を持っているのが花なのです。型にとらわれず、ご自身の感性で最後の一輪まで様々な花の表情を楽しんでみてください。
お花の楽しみ方 画像

配送について

送料について
送料は下記の通りです。(下記料金は全て税込です)
北海道・九州 1,200 円
本州・四国 800 円
沖縄・離島 1,200 円
一箇所につき商品代金 10,000 円(税込)以上お買上げ
いただきますと、送料が無料となります。
配送時間帯について
※宅配便でお送りいたします。またお時間・お日にちの指定も可能です。
時間帯サービスについてをお選びいただけます。
時間帯
花材おまかせで15時までにご注文完了しますと当日発送→翌日到着が可能となります。配達可能地域につきましてはお問い合わせ下さい。※本州・四国に限ります。北海道・沖縄は翌々日の発送になります。 商品の性質上、翌々日配達の地域は注文をお受け出来ない場合がございます。ご理解ご了承のほど宜しくお願い致します。

配達について

配達について2
発送が難しい大きな商品 ( スタンド花など ) は自社配達致します。 配達の場合は以下地域限定となります。ご了承ください。
◎配達可能地域
千葉市 緑区、若葉区、中央区

お花選びのサポート

  • メッセージ文例集
  • お花事例
  • お花について
  • お客様の声
  • よくある質問
  • ご利用案内
  • Fax用紙はこちら
  • メールフォーム

花福のサービス

  • メッセージカード無料
  • 1万円以上送料無料
  • 千葉市内配達無料
  • 法人様限定請求書対応
  • 画像添付サービス
  • その他サービス一覧

ご利用案内

  • お支払いについて

    お支払いは、クレジットカード払い・銀行振込・コンビニ後払いがご利用頂けます。

    銀行振込・コンビニ・カード払い

    【コンビニ後払い】
    後払い手数料:200円(税込)
    ご利用限度額:54,000円(税込)

    ご請求書は商品とは別に郵送されます。発行から14日以内にコンビニでお支払い下さい。
    代金譲渡など株式会社ニッセンが提供するサービスの範囲内で個人情報を提供します。
    与信審査の結果により他の決済方法をご利用していただく場合もございますので同意の上申込下さい。
    ・提供する目的:後払い決済のための審査及び代金回収や債権管理のため株式会社ニッセンよりサービスに関する情報のお知らせのため
    ・提供する項目:氏名、電話番号、住所、E‐MAILアドレス、購入商品、金額等
    ・提供の手段:専用システムにて実施
    「ニッセン後払い決済サービス」では以下の場合サービスをご利用いただけません。予めご了承下さい。
    ・郵便局留め・運送会社営業所留め(営業所での引き取り)
    ・商品の転送
    ・「病院」「ホテル」「学校」のご住所でご名義が職員以外の場合
    ・コンビニ店頭での受け渡し
    バナーをクリックしたリンク先のページで、必ず詳細を確認して下さい。
    問合せ先:043-291-8729

  • 返品・交換について

    ・万一不良品等がございましたら、当店の在庫状況を確認のうえ、新品、または同等品と交換させていただきます。
    ・商品到着後2 日以内にメールまたは電話でご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

  • 送料について

    送料は下記の通りです。(下記料金は全て税込です)

    北海道・九州1,200 円
    本州・四国  800 円
    沖縄・離島 1,200 円

    一箇所につき商品代金10,000 円(税込)以上お買上げいただきますと、送料が無料となります。

  • 掲載写真について

    変更となる場合がございますので、予めご了承ください。花材が変わった場合でも掲載写真のイメージでお作りいたします。

  • プライバシーについて

    お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。
    当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

  • 配送について

    ※宅配便でお送りいたします。 またお時間・お日にちの指定も可能です。
    時間帯サービスについてをお選びいただけます。

    花材おまかせで15 時までにご注文完了しますと当日発送→翌日到着が可能となります。配達可能地域につきましてはお問い合わせ下さい。
    ※本州・四国に限ります。北海道・沖縄は翌々日の発送になります。
    商品の性質上、翌々日配達の地域は注文をお受け出来ない場合がございます。
    ご理解ご了承のほど宜しくお願い致します。

  • 店舗について

    花福
    〒266-0003 千葉市緑区高田町401-1
    TEL:043-291-8729 FAX:043-291-8741
    E-mail:info@8729.jp
    営業時間:9:00 ~ 19:00 定休日:木曜日

    »詳細はこちら

  • Fax用紙はこちら
  • メールフォーム
«MarAprilMay»
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

モバイルサイト

ページのトップへ